| Home |
「節分 恵方巻と16方位」
以前は「節分」といえば豆まきだったけど、
今は「恵方巻」という巻きずしをその年の縁起の良い方向を向いて食べます。

ここ10年くらいで主流になりましたね。

莉子が小学5年生のころ、社会科で地図を勉強し「16方位」まで覚えている人もいるということで、
今はそうなのかと思いました。

ただ、そんなに覚える必要あるのか疑問?
そこまでいったいどこで使うのか意味のないことのように思いました。

天気予報で風向きも聞くけど、私は気にしたことも無いし。。。
とうぜん私は4方位しか知りません(笑)

ところが莉子は全方位クリア。

私も恵方巻を食べるときは縁起の良い方位が気になります。
今年は「南南東」。
"勉強は何かの時に役立つ"とはこの事か!と思いました。

s-img135.jpg
※色別で覚えると楽(^^)v
スポンサーサイト

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
<<「イラスト協力の管野さんからのメッセージ」(前編) | Home | 「祝日のお勉強」(成人の日)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター