| Home |
「高齢化社会とカラス」
最近よく思う事。

11月下旬でも柿の木においしそうな柿の実がたくさんついています。
そしてカラスがよく食べに来てみんな丸々と肥っている感じ。
羽のつやもいいのです。
柿は甘いからカラスが肥るのかな?

なぜ柿をとらない人が多いのか考えてみたら、やっぱり高齢化社会だから70代80代の人たちが木に登れなくなったのでしょう。

私の母は毎年、干し柿を作っていたけれど今年はやめてしまいました。
素朴な味がおいしかった。

柿の木とカラスを見ていると高齢化社会をヒシヒシと感じる毎日です。

s-img130.jpg
s-img131.jpg

※年賀状を書きます。「朝日とモンちゃん」
メールで住所をお知らせください。
↓↓↓
usagino.ongaeshi@gmail.com

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「モンちゃんのフレーム切手」 | Home | 「パレード ピープレス出版社からの応援!!」(後編)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター