| Home |
「壮絶な海の日」(前編)
中越沖地震が起きた2007年7月16日
私は海の日ということもあり莉子と久しぶりに柏崎の海へ行こうかと思いました。
でもなぜか莉子が行きたがらない。
仕方ないので中止にしたのです。

そうしたら午前11時頃、ドーンという音と大きな揺れが起きたのです。
「地震‼また中越地震?」と思いました。

私はその年に学校の役員でした。
20分後に学校から電話があり「緊急連絡網を回してほしい。役員は私しか連絡取れない」とのこと。
私一人で全員に連絡することになりました。

ところが祝日のためか不在の家が多く、思うように回りません。
留守電が入っている家は伝言を入れ、入っていない家は20分おきに何度も電話しました。

やっとの思いで35人全員連絡でき、時計を見たら4時20分!
私は5時間電話の前にいたのです。

どっと疲れが出ました。。。。。

(次回へ続く)

s-img104.jpg
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「壮絶な海の日」(後編) | Home | 「実は今年の上半期は・・・」>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター