| Home |
「春の足音」
私が子供の頃のお話です。
私の家は田舎にあり、周りには田んぼが多かったです。
そして家の裏には「用心だな」といって防火用水をためておく小さな水場があったのです。

4月の初め頃、雪がなくなると夕方から夜にその場所から「コロコロ、コロコロ」と音がするのです。
池や川などの水辺に棲む「たにし」などの貝が鳴きだすのです。

池や川の貝には色が黒っぽく、どろに潜っているものが多いのであまり目立ちません。
ちょうどお風呂に入っていると鳴き声を耳にして、母と「春になったね」と言いました。

子供心に4月は「コロコロ、コロコロ」という音が春を感じさせてくれました。

「貝の愛情表現」らしいです。

s-img085.jpg
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「こいのぼり」のお話 | Home | 「うさぎのご利益は私にも‼」(後編)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |