FC2ブログ



| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
「捨てる神あれば拾う神あり」(前編)
①全国自費出版コンテスト

私は本のPR方法としてコンテストに応募してみるのも有効と出版社からアドバイスをもらいました。

入賞することなど100%無い!!

そう思ったけど何かの縁なのか「東北に関連する部門」が設けられたので
出してみる気になったのです。

本を何冊か送ります。

結果が出たのは1年数か月後。
まさに忘れたころ(笑)

私の本は入賞しなかったけど、一次審査を通り授賞式の会場に展示されたそうです。
うれしいな!

プロの方が読んで『うさぎの恩がえし』が心にちょっぴり響いたの?


「作文みたい。。。」と言われることもあったけど、
一次審査を通ったという喜びは、「まだ諦めたくない!」という大きなエネルギーになったのです。

2017暑中見舞いハガキ
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「捨てる神あれば拾う神あり」(中編) | Home | 「手紙・宅急便について思う事」(後編)>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。