| Home |
「動物愛護センター」後編
本を出版して2年が経ち、いろいろな感想がありました。

一番多かったのは「不思議な出来事」への感想でした。

ファンタジーの世界が不思議で心に残る。
その裏で私が長く求めていたこと。
「なぜ、委員長を務めた1人の女の子だけがお世話をしたの?ほかの飼育委員の人たちはどんな気持ちだったの?」
そんな疑問を持ってもらいたかった。

小さな命の大切さを読み取ってくれる子供が多くいたならば、本の出版は大変意味がある。

プレゼントとして多くの小学校へ届けた私の本。

小学校の頃に読んだ本が大人になったとき心に残っていてくれたらいいのだけど。。。

そうすればこのセンターに来る犬や猫はもっと減るかもしれない。

※3回シリーズ終わり

s-img170.jpg
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「日記のトラウマ」 | Home | 「動物愛護センター」中編>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター