| Home |
「動物愛護センター」中編
スタッフさん:
あの物語を読んで委員長を務めた女の子はとても大変だったろうと思いました。
今の学校では動物の習性をよく知らない状態で飼っていたり、そのため時に不適正な状態に動物が置かれてしまっていることもあります。
このセンターは動物の譲渡だけを仕事としているのではなく、子供たちに動物の習性や飼うマナーやモラルを教えることもあります。
幼稚園・保育園や小学校低学年の子供たちにいろいろなことを教えています。

実際の経験が書かれているこの物語を読んで、私はもっと子供たちにモラルやマナーを教えていかなければいけないと思いました。


嬉しい感想でした。ありがとう。
長田

※次回9月12日へ続く

s-img169.jpg
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「動物愛護センター」後編 | Home | 「動物愛護センター」前編>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター