| Home |
「動物愛護センター」前編
長岡市にある「動物愛護センター」を知ったのはスーパーに貼ってあるポスターでした。

どんな所かなと行ってみたくなったのです。

ケージに入っている犬や猫がたくさんいました。
何らかの理由で飼えなくなってしまったペットたち。
新しい飼い主さんを待っています。

そのころ、ファイルに閉じてあった『うさぎの恩がえし』の物語をセンターのスタッフさんに読んでもらったのです。

嬉しい感想をもらいました。

ある意味、私が一番求めていた感想「命の大切さ」。

その時点では本の出版について決めかねていたけれど、
本を通じて子供たちが生き物の命について考える1つのきっかけになったら良いなと思ったのです。

※次回9月8日へ続く

s-img168.jpg
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<「動物愛護センター」中編 | Home | 「返信ハガキは2枚だけ・・・」>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |