| Home |
「カエルさんのさい銭入れ」
春分の日も過ぎ、とても春らしくなってきました。

アオーレ長岡に向かって右手に城内稲荷神があり
「カエルのさい銭入れ」があるのを知っていますか?

ガマガエルで大正末期の製作。
大きな口におさい銭を入れます。

莉子が小学3年生の国語の授業で「家のお宝や町で見つけた珍しい物の発表」という課題があり
偶然見つけたこのさい銭入れを発表しました。

メジャーでサイズを測ったりしました。
可愛いですね。
おさい銭を入れたくなります。

新年度も間近。
お散歩がてら訪れてみてはいかが?
そしてお参りをすれば御利益あるかも。
ちなみに莉子にも私にもプチ御利益ありました(^^)/

夏の思い出(2015年8月)

s-img148.jpg

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「海からの贈り物」
東北大震災が起き、近くのスーパーでは募金のほかに食器などの日用品も集められていました。

実家の母は物を捨てられず、それらの物が山のよう。
それを寄附したのです。

その中に黒いお盆があり、銀色のキラキラした飾りがついていました。
「らでん」という貝の飾りです。
うるし塗りと貝をうすくスライスして貼る伝統工芸品。

私は貝の飾りというとパールのネックレスと貝の形をそのまま使ってある吊るし飾りを1つ持っています。

「らでん」という飾りは貝殻の内側の真珠層をごくうすくスライスして、
していろいろな形にかたどったキラキラ光るとてもきれいなもの。

地震がきっかけで初めて手に取り眺めることができました。
海からきれいな飾りができるものだと知りました。

奈良時代にはすでにあったということで
みんな知っていたのね!

私は東北大震災を通して初めて知ったのです。

s-img147.jpg

s-img146.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「心が折れる」
私は持ち物がよく折れてしまうのです。
時には信じられない物まで折れます。

なぜか莉子も私に似たのか、珍しいものが折れます。

私が一番折れやすいのは心です。
月末になると出版社から売り上げの報告書が届きますが
それを見ると心がポキッと音を立てて折れます。

モノが折れても修理で直すことはそれなりにできます。
でも心は折れるとなかなか治りません(-_-;)

重症化したら治らないことだってあるかも。。。

そこまでいかないように、美味しいものを食べて早めの手当てをしています(^^)

↓今までに折れた珍しいもの↓
  私・・・自転車の太い軸、車のサイドミラー
  莉子・・・ポケモンの鳥の足(2羽)、学習机の椅子の脚(2年間使用で)

s-img140.jpg

s-img141.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |