| Home |
「おひな様の裏話」
3月3日は「桃の節句」。
おひな様を飾ったり、子どもが工作で作ったりするする家も多いでしょう。

おひな様はその家の女の子を幸せな結婚へ導いてくれるといいます。

その反面、ちょっと恐い裏話を知っていますか?
年に一度おひな様を飾ってあげないと彼女は静かにキレるのです。
押し入れや物置の中で悔しい気持ちになるのでしょう。
そしてその家の女の子が年頃になっても縁遠くしてしまったり、
時には不幸な結婚をさせてしまうらしいのです。

そう、彼女は静かにキレるのです!!

私は2月上旬から飾ります。
年に一度の事だからきちんと飾ってあげましょう。

s-img137.jpg

s-img139.jpg

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「うさぎの今昔」
80代の私の母から聞いたうさぎの昔話です。

今から40年前ころまでは2月の下旬に集落で「うさぎ狩り」という仕事があったそうです。
猟師さんに頼んで山の野うさぎを捕ってもらうのです。
うさぎが山の畑の大根や菜っ葉等の作物を食べてしまうからです。

母の集落は50軒ほどで20羽くらいのうさぎが捕れ、各家に順番に1羽ずつ割り当てられたのです。
毛皮は猟師さんのものとなり、うさぎは食肉として食べました。
肉汁にしたり肉団子にしたりと、
昭和30年代頃まだ肉を食べることのない食卓には大変なごちそうだったらしく
痩せたうさぎが当たると張り合いがなかったそうです。

今、うさぎはペットとして持てはやされているけど、
昔は違ったみたいですね!

s-img067.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「性格は生まれつき・・・」
私の家の近くにレンタルビデオ店があり、莉子は2才くらいからよくビデオを観ました。
今回は「トムとジェリー」についてお話しをします。

猫好きな私はトムが好き。
いつもいたずらをして飼い主さんに叱られ、ネズミのジェリーに負けてばかり・・・。
でも私はそんなトムがかわいい。

莉子はネズミのジェリーが好き。
私はふと思いました。
莉子はねずみ年。だからネズミのジェリーが好きなのか?

必然的に猫を好まないのか?
生まれつきの本能なのかと思います。

生まれ持ったものを変えることはできない。
莉子がどうしても好きになれない猫!仕方ない・・・。

s-img136.jpg

※写真はお手製の湯たんぽ袋。アップリケも私が作りました。

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「イラスト協力の管野さんからのメッセージ」(後編)
そして、私はうさぎを飼っていたことがあります。
茶色うさぎに「ちょこ」、白色うさぎに「みるく」と名付けました。

食いしん坊でやんちゃな「ちょこ」とおっとり系の「みるく」。
性格が正反対でしたが仲よしでした。
愛くるしいうさぎの表情やしぐさには癒されます。

そんな、ちょこみるくを懐かしく思いながら、イメージイラストを描かせていただきました。

最後に、今年も長岡花火を観に行けませんでした(T_T)
今年こそは、、、観に行きます!(^^)!

s-img036.jpg

s-img059.jpg

最初にイラストを見たとき絶句!!
「なんてきれいなの!このイラストをカラーで本に載せられたらな。。。」
とちょっとくやしくなりました。
私が一番好きなのは7羽のうさぎとフェニックス花火のコラボ。
何枚も描いてもらえました。
暑中見舞いのデザインになりますので皆さん楽しみにしていて下さい。

そして 管野さん ありがとう‼!
長田

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |