| Home |
「祝日のお勉強」(昭和天皇誕生日)
最近は祝日までいろいろ変化します。
今回は意外と知られていない4月29日の昭和天皇の誕生日についてお話しします。

経緯
①昭和時代・・・昭和天皇誕生日
②平成元年・・・みどりの日に改名
③平成19年・・・昭和の日に改名
※みどりの日は5月4日に移る(祝日が1日増えたかたち)

そして最近わかった事。
5月4日が「みどりの日」として祝日になったので5月は憲法記念日・みどりの日・こどもの日
と確実に3連休になります。
最近、飛び石連休なんて聞かなくなりました。

実は4月はもう1つ私の心に祝日があります。
それは4月25日「うさぎの恩がえし」出版記念日!!
ちょっとお祝いしたい気分です。

s-img090.jpg

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「出版のあゆみ」
「うさぎの恩がえし」を出版して一周年です。
出版にいたるまでには時間がかかりました。

今回は「出版のあゆみ」について振り返ります。

2008.4~11月 うさぎのお世話をがんばった。
2011.2月 うさぎ年にちなんで物語を書いた。(第1部)
2011.3.11 東北大震災が起き、物語を送る。
2011.8月 また車のトラブル発生。うさぎとの関連あり。続編を書く。(第2部)
2011.8月 ピープレス出版との出会い。
2013.12月 これ以上延ばせない。出版決定。
2014.4.25 出版にいたる。

いろいろなハードルがあり、絵が苦手だけど必死になって描いたイラスト。
わずかな貯金は目減りした。
でもいいのです。
私はこの本を出版できてうれしかったのです。

s-img089.jpg

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「こいのぼり」のお話
私の実家の隣りには莉子より1つ年上の男の子がいます。
4月には「こいのぼり」を飾ります。
青空を舞うこいは、すがすがしくてきれいです。
飾り始めて3年目だから、まだ色もくっきりと鮮やか。
莉子とながめました。

ところが5月になってある変化があったのです。
お魚が2匹しかいない。
吹き流しと小さいこいが1匹いないのです。
きっと風に飛ばされてしまったのだろうと思いました。

母に訊いたら違う答えでした。
母「いとこに男の子が産まれたから吹き流しと小さいこいをあげたんだって」
私「え!そうなの。プレゼントしたの!?」

ちょっと寂しくなったこいのぼり。
2歳弱の莉子はその変化に気づいたかな?
莉子「あれ?お魚が・・・。」

s-img086.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「春の足音」
私が子供の頃のお話です。
私の家は田舎にあり、周りには田んぼが多かったです。
そして家の裏には「用心だな」といって防火用水をためておく小さな水場があったのです。

4月の初め頃、雪がなくなると夕方から夜にその場所から「コロコロ、コロコロ」と音がするのです。
池や川などの水辺に棲む「たにし」などの貝が鳴きだすのです。

池や川の貝には色が黒っぽく、どろに潜っているものが多いのであまり目立ちません。
ちょうどお風呂に入っていると鳴き声を耳にして、母と「春になったね」と言いました。

子供心に4月は「コロコロ、コロコロ」という音が春を感じさせてくれました。

「貝の愛情表現」らしいです。

s-img085.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |