| Home |
「うさぎのご利益は私にも‼」(後編)
私は翌日、あまりにも嬉しくなって莉子が通った小学校のうさぎにお礼をしに行きました。
スーパーでりんごを2コ買いました。
うさぎはもう7羽ではなく4羽に減っていました。

私「先日はありがとう。うさちゃんの声援でがんばれたの。本当に嬉しかった。」
うさぎ「いいえ。長田さんは役員の仕事が面倒で嫌なんじゃなくて
人前で目立つ事が苦手だったり人見知りしてしまうから、
他の人とすぐになじめないんでしょ。
あなたがお世話を8か月間してくれて良く知っています。
それで今年は干支だから、あなたが困らないようにと思ったの。
野うさぎさんに"うさぎネットワーク"で連絡しておきました。」
私「え‼そうなの。うさぎネットワーク?今でいうスマホのラインのようなもの?(笑)」

とにかく嬉しくて白と黒のうさぎが金色に見えたのです。

s-img084.jpg
スポンサーサイト

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「うさぎの御利益は私にも‼」(前編)
第2部の「セカンドうさぎの恩がえし」の物語の中で
4月の初めころ丘をドライブしていたら野うさぎがかけて来て
メッセージをくれたという場面のお話です。

「干支だからはりきっているの!困っている人たちを助けるわ!」
次の言葉があったのです。

「長田さん、明日は学校の役員決めでしょ。自信をもってくじを引いて!」
「そうすればきっと当たらない。自信を持ってね!」
そんな言葉が聞こえてきたのです。

私は役員は苦手。
リーダーシップをとれるタイプではないし・・・。
声援がうれしかったです。

当日は強気になってくじを引きました(笑)
結果は吉!!

干支のご利益と幸運のパウダーがふりかかったように思いました。

このお話は「役員になるのはイヤ」というチョット不謹慎なお話。
心の中にしまっておこうと思いました。

次回へ続く

s-img080.jpg
●白うさぎの「プチ恩がえし」まとめ
①歯とぎショー ②リラックスポーズでアピール
③ブレーキランプ故障のお知らせ ④役員決めの声援
⑤タイヤトラブルのお知らせ(ハガキ)

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「チラシのあゆみ」①
s-img079.jpg

このチラシは私と印刷会社さんの合作です。
2014年2月下旬から4月下旬ころにポスティングしたりお店に置かせてもらったりしました。

詳しい情報は特に書かれていません。
黒うさぎの「モンジャラ」のイラストが好評。
インパクトが強く覚えてくれる人も多くいました。
「うさぎの恩がえし」というと「あの黒いうさぎでしょ」と言ってくれる人が多くいました。
約2,000枚コピーをして、にんじんとラビットフードに色をぬりました。

初めて長岡駅で配った時はとても寒くて、ティッシュ付きでもチラシを受け取ってくれる人は少なくがっかりしてしましました。
平成の初め頃は宣伝用のティッシュ配りをしていた人はよく見かけたけれど・・・
時代が変わったのだと思いました。
インターネットやスマホの時代ですもんね。。。

それでもめげずにチラシ配りをがんばろうと思ったのです。

※次回3月16日はお休みさせていただきます。(3月は月曜日が5回あるため)

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「きらいな"にんじん"」
私は"にんじん"がきらいです。
子供の頃から"にんじん"だけは食べられない。
カレーやシチュー、肉じゃがに入っていても食べたことがありません。

何がきらいかというと味です。時に色もいやでした。
人にそんなことを言ったら「え!もしピンクだったら食べるの?」
と言われたこともありました(笑)

出版にあたり初めて作ったチラシのイラストには"にんじん"を描きました。
モンちゃん・にんじん・ラビットフード。
なぜか"にんじん"のカラーに力が入りました。

どうしたらおいしそうに見えるか?
カラーも微妙に違いがあるのです。
赤・朱色・だいだい色。少しグラデーションをつけたり。

おいしそうな"にんじん"を目指しました。
コピーをして2,000枚ほど手で色を塗りました。
心を込めて塗ったのです。

結果は好評。
「きれい」と言ってくれる人がいました。
黒色のモンちゃんを引き立ててくれました。
何だか"にんじん"に愛着がわきました。

s-img072.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |