| Home |
「今年一年どんな年でしたか?」
皆さんはこの一年間良い年を過ごしましたか?
私は本の出版が叶いうれしい一年となりました。
それだけではなくブログの立ち上げも行い、本の裏話や子供の思い出話なども載せ、とても良い情報発信ができました。
もちろん出版にあたっては大変なことも多くありました。
15,000枚のチラシのポスティングはとても疲れました。

今年4月からのNHK朝の連ドラ『花子とアン』が好評でした。
60代の女性が庭にいてポスティングの理由を話しました。
「『花子とアン』みたいね。がんばって!」と声援をくれました。
うれしかったです。

ただ出版したのはよかったけれど、売り上げは非常にきびしいです。
でもこれからだと思って来年もがんばります。
気持ちを切りかえて皆様に私からささやかな「お年玉・お年賀」お祝い企画を行います。

東大寺「満点大仏えんぴつ」「絵はがき」

ぜひご応募ください。


s-うさぎの恩がえしお年玉プレゼント
スポンサーサイト

お知らせTB(0) | CM(0) | top↑
「暮れの大そうじ」(後編)
莉子はその日の午後から塾の冬期コースへ行きました。
同じ学校の友達も多く来ていました。
そしてこんな会話があったそうです。

お友達「午前中何してた?」
お友達「①テレビ見てた②ゲームしてた(多数)」
莉子「私は学校へ行って、うさぎ小屋の大そうじをしていたよ。」
お友達(女の子)「え!!ご飯あげじゃなくて?」
莉子「うん、ちがうよ。暮れだからね。うさぎ小屋の暮れの大そうじをしていたの。」
お友達(全員)「へぇ、そうなの!!」

莉子が先に言ったのではありません。
これはうさちゃんが言ってくれたのだと思いました。

うさぎ(7羽)「皆さん、今日の午前中、莉子さんとお母さんが一生懸命大そうじをしてくれました。うさぎ小屋は見違える程きれいになって私達はとても喜んでいます。ありがとう!!」

07christmas-koyuki.jpg

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
「暮れの大そうじ」(前編)
12月のイベントとして「暮れの大そうじ」がありますね。結構大変です。
今回は「暮れのうさぎ小屋の大そうじ」についてお話しします。

莉子が5年生の冬休みに私は初めてうさぎ小屋へ行ってみました。
ハッキリ言って汚れていました!
かわいいうさぎが何羽もいるけど、これじゃ体に悪い。
冬だから害虫やカビは生えないけれど暮れの大そうじをする必要があると思ったのです。
天井にもクモの巣がかかって壁にはうさぎの毛や土ぼこりがかなりくっついているのです。

莉子と2人でほうきでザッザとそれらの汚れを落としたのです。約1時間くらい。
とてもきれいになりました。
まさに暮れの大そうじ。

うさぎとの初めての出会いは「暮れの大そうじ」だったのです。
私はただ「あー、きれいになって気持ちがいいなあ。」と思いました。

ところが数時間後、とても不思議なことが起きたのです。
うさちゃんが嬉しいお礼をしてくれたのでした。

※次回へ続きます。

s-img059.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「年賀状」
12月は多忙ですね。
年賀状書きもその1つです。
今は写真入りやパソコンで宛名書きもできて便利です。
ましてここ10年はケータイやスマホの普及で年賀メールが増え、年賀状を書く人が30%減ったそうです。
時代の変化か・・・。

今回は莉子と私のなつかしい年賀状書きについてお話をします。
ねずみ年のお話です。
デザインは私が雑誌に載っていたものを選びました。
日の出の太陽の中にねずみが入っているのです。
ちょっとひと工夫。
ねずみは金色にしてみました。こうごうしいです。
宛名もすべて手書き。30枚くらい書きました。
あるお母さんが驚いていました。
「今、全部手書きの年賀状ってめずらしいなあ!」
レトロな年賀状です。
莉子も今はもう年賀メールになったけど、手書きの年賀状書きはとてもなつかしい思い出になりました。

年賀状はこんな感じφ(..)
img052.jpg

※来週はプレゼントの発送、年賀状書きにてお休みとさせていただきます。
申し込みはまだ十分間に合います。

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |