| Home |
「クリスマスプレゼント」のお知らせ
s-img046.jpg

この度、皆様に抽選でクリスマスプレゼントをお贈りすることとなりました。
寒い季節に「うさぎの恩がえし」を読んで心がホッコリと和んだり、
私と娘の大好きな藤城清治さんの素敵なカードで
心が癒されたらとてもうれしいです。
2014秋 長田さち恵

Aコース 20名様に…「うさぎの恩がえし」1冊
Bコース 30名様に…藤城清治さんポストカード2枚


【応募方法】
①下記を記入のうえ、ハガキで申し込み下さい。
    ・郵便番号・住所・氏名・希望コース
②あて先:〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-19-6 6F
           ㈱パレード「うさぎの恩がえし」プレゼント係
③申し込み期間:2014年11月1日~2014年12月10日
④発送をもって結果発表とさせていただきます。
スポンサーサイト

お知らせTB(0) | CM(0) | top↑
「読書週間」
今年の読書週間は10月27日~11月上旬です。
皆さんは本を読みますか?
テレビやレンタルDVDの方が手軽で面白いという気持ちはよく分かります。
実は私もそうです。
こんな私が本を出版するなんて夢にも思いませんでした。
中央図書館さんに1冊買ってもらえたのです。
長岡のフェニックス花火がポイントになり「新潟ゆかりの人の著書」という棚にあります。
私としては7羽のうさぎがメインだけど「まあいいか?」と思いました。

本が売れることが一番うれしいけど、売れなくても図書館に入れてもらえ多くの人が読んでくれたらいいなと思います。
やっとの思いで出版したのに誰も読んでくれなければ悲しすぎ!
図書館の本は無料です。読書週間に『うさぎの恩がえし』はいかがでしょうか?
30~40分で読めます。
心がふんわりと和むそんな読書タイムになってもらえたらとてもうれしいです。

s-P1130871.jpg

【ちょっと内容紹介】

第1部・・・莉子と私は一生懸命うさぎのお世話をしました。
そしたらうさぎたちがいろいろなお返しをしてくれたのです。
「うさぎの歯とぎショー」「リラックスポーズでのアピール」
最後に「私の命を救ってくれたこと」
すべて実話です。

第2部・・・3年後、7羽のうさぎが宮城県の石巻へボランティア活動へ出かけてくれました。
そして1枚のハガキを私に送ってくれました。
それはまた「私の命を救ってくれるハガキ」
そしてフェニックス花火のフェニックスとコラボで壮大なボランティア活動をしてくれたのです。

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「中越地震」
今年の10月23日で、長岡におきた中越地震から丸10年。
もうそんなに経ったかなという感じです。
車に乗ってエンジンをかけたら突然揺れ出し、車の故障かと思いました。
地震のための準備など何もしていなかったので、やっぱり日頃の防災準備は大切です。

ただ1つだけ、その頃ちょっとした心がけがありました。
子供が小さかった頃、体調を崩したら早めに病院へ行くこと。
その日はちょっとカゼ気味。微熱と喉の痛みが少しあり、明日は日曜日。
明日熱が高くなると病院へ行けないし、症状は軽かったけど受診しました。
先生は「喉がかなり赤い。これから熱が出るだろう。」
その時は37.2度くらいだったけど、確実に熱が出る。
喉の炎症を抑える注射を打ち、薬を4日分もらいました。

地震の怖さはあったけどカゼが悪化することはないはず。
ある意味、健康管理が一番の備えかなと思いました。


モンちゃんと秋の夕暮れ

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「ママにもあるすばらしい才能」
私は平凡なお母さんです。
これといって取り柄もないし、人に誇れるものもありません。
そんな中で莉子がこんなことを言ってくれたことがあります。

莉子「ママにもすばらしい才能はあるよ。ママの上を行く人はいない!!」
私「え!いったいどんな才能?」
莉子「雑用こなし係。すばらしい!ママにさせたら完璧!!」
私「・・・。」
莉子14才時

莉子が小学生のころ海の日に緊急連絡網を1人で全部回したこと。
うさちゃんのお世話を8か月きちんとしたこと。
学校のボランティア活動で大掃除や草取りに毎年参加したこと。
そのあたりのことです(笑)

雑用こなし係なんて才能じゃない!!

s-img043.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「ソックス」
今の小学生はとってもおしゃれです。
くつ下にもこだわりがあるのです。

莉子のお気に入りは「プレイボーイ」。
うさぎの刺しゅう入りです。以前、手さげカバンのお話をしたデザインです。
ピンク・黄色・青と色もいろいろ。

中でもゴールドはめずらしくて貴重。
つま先に穴があいたら糸で縫ってはきました。
お気に入りは傷みが早くゴムが伸びます。
それは仕方がないので私が黙って捨てます。

見かけなくなると莉子は不思議がるのです。
莉子「うさぎのソックスはどこへいったのかな?」
私「うさぎだからピョンピョン跳ねてどこかに行っちゃうんじゃない?」
莉子「・・・。」
莉子11才

モンちゃんのデザインも素敵。彼を赤や紺色にしても👍
スクール用にシンプルにしてみました。
s-img042.jpg

s-img020.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |