| Home |
「白うさぎの紹介」
s-img036.jpg

物語の中では黒うさぎのモンちゃんの活躍が書かれています。
でも6羽の白うさぎも女の子らしい心配りをよくしてくれたのです。
白うさぎはみんな女の子だったから大役というより内助の功という感じです。

システィといううさぎのお話。
モンちゃんより少しお姉さん。「全員一致の歯とぎショー」のごあいさつはきっとシスティです。
彼女が一番のお姉さんだったから、みんなをまとめて私に「歯とぎショー」を見せてくれたのでしょう。
声が出なくなるほど驚いたことをいまだに憶えています。

次にゲージの中でのリラックスポーズ。
s-img037.jpg

そして自動車のトラブルの予兆の知らせ。
システィを中心に6羽のうさぎが精いっぱい私にメッセージを送ってくれたのでしょう。
「危ない!自動車にトラブルが起きそう!」
「あなたが大ケガしたり死んだりしたら莉子ちゃんが悲しむ。だから今日は自動車を運転しないで!」
「モンちゃん!今よ!あのトラックでさち恵さんを止めて!」
スポンサーサイト

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「朝顔」(エコと心のトラウマ)
s-img034.jpg
地震の影響で節電の必要性が強く言われています。
むしろ身近な生活の中では当たり前な事です。
私達はそれを忘れていますね。

今、「グリーンカーテン」が目で楽しむエコとしてブームになっています。
窓辺の夏の日差しを和らげ、室温の上昇を少し抑えてくれ、
かつ涼しげで見た目もきれいです。

築50年と古くなった実家でも、去年から私の提案で朝顔づくりを始めました。
古い家だけど、味わいがあり、朝顔がとても良く似合います。

じつは私には朝顔のトラウマがありました。
昔も今も小学1年生は学校で朝顔づくりをします。
皆さんも経験ありますよね。
種を植えて水をやり、芽が出るのを待ちます。
30人くらいのクラスでみんなの朝顔は芽が出たのに
私のものだけ芽が出ないのです。
決して水やりを忘れたという事はありません。
先生は「種が悪かったのかね?」と言ってくれましたが、
悲しかったです。
小さな事だけど小学1年生の女の子には大きな悲しみです。

それ以来、朝顔を植えることはありませんでした。

そして、地震をきっかけに、「グリーンカーテン」というエコに取り組むことで
そのトラウマを乗り越えることができました。

見事に咲いた朝顔はとてもきれい。
心の小さな傷も消えたのです。
s-img035.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「線香花火」
長岡の大花火がとてもきれいでした。
ナイアガラ、三尺玉、フェニックス、どれも見応えがあります。

s-25120601.jpg

子供の頃、お盆にはいとこ達と家で花火をあげました。
私は小さな線香花火が好きでした。

あっという間に終わるけど、心がほのぼのとするのです。
華やかな花火は実はちょっと苦手。

目立つことが苦手な私は線香花火のような性格。
だから華やかな花火にコンプレックスを感じていました。

でも、物語の中にもありました。
「石巻の夜空に舞い上がったフェニックスに負けないぞ!」
「小さな7羽のうさぎたちだって、今年は干支という大役があるのだから、東北の人たちの力になれるはず!」

小さなうさぎも頑張ったし、
小さな線香花火もきれい、
目立たなくても、どこかでみんな頑張っているのです。

img6e1934a4zik9zj.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「暑中御見舞い申し上げます」
「うさぎの恩がえし」を読んで下さった皆様、
そしてブログを見てくれている皆様、
ありがとうございます。

暑い日が続きますね。
私の子供時代といったら「ちびまる子ちゃん」の時代です。
まだクーラーもありませんでしたが、
暑い日は、みぞれやカルピス・麦茶がとてもおいしかった。
おして風鈴の音が好きでした。

近所にプールがあり、よく行って遊びました。
まだレトロさが残っている時代でした。

「ちびまる子ちゃん」の放送が始まったのは、私がもう大人になってからですが、
時代のなつかしさに惹かれ、欠かさず見続けているのです。

今やメールの時代。
「暑中見舞いのはがき」って何?と言われそうだけど、
レトロなものが私には素敵に思えるのです。

img033.jpg

未分類TB(0) | CM(0) | top↑
「うさぎの切手」
今年4月から消費税が増税され、
いろいろなものが値上がりして切手も82円や52円になりましたよね。

その「2円」の端数の切手が多く売り出され、
その中に白うさぎのかわいい2円切手がありました。
私はまだたくさんの80円切手、50円切手を持っていたので、
白うさぎの2円切手を購入しました。

本の出版のためのチラシを知り合いに送ったり、
または協力のためのチラシ配りのお願いをしたり、
と、とても多くの郵便を出しました。

うさぎの切手を貼ってポストに入れる時は、
うさぎから声が聞こえてくるように思いました。
「行ってきます!」そして「ただいま!」という声も届くのです。
「協力します」というところに丸がつけられた返信用のハガキが何枚か戻ってきました。
うれしかったです。

やっぱり今年もうさぎと縁があるのかなと思います。
うさぎ年だったあの年から、もう3年が経ちましたが
私のまわりにはいつも、うさぎたちが元気に飛び回っています。

img032.jpgモンちゃんだったら、こんな感じかな?
「行ってくるぜ!!」 「今、帰ったよ」

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |