| Home |Next
「レトロな口コミ」(前編)
私が小学5年生だった時のお話。

6年生のある女の子がちょっと怖いホラー系の話を1人の友達にしたのです。
決して複数ではなく1人だったのでしょう。

内容は「この話を聞いたら5人の人に話さないと、夜、自分の夢の中にその怖い人が出てくる」と。

全校150人くらいの小さな小学校。

その話はあっという間に全校に広まりました。

低学年の子供たちはとても怖がりました。



私の担任の先生・・・この話を知っていますか?聞いた人は誰かに話しましたか?

黒板に何人かの名前が書かれ、その人たちはしっかり5人に話していました。

理由はもちろん、自分の夢の中に出てきたら嫌だから!

続く

s-img244.jpg

※佐賀県伊万里市立図書館にも1冊入っています
↑写真は伊万里市を代表する伊万里焼
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「クラシックバレエとの出会い」(後編)
莉子はねずみ年のせいか、ねずみが大好きです。

「トムとジェリー」ではねずみのジェリーが大好き!
たいていの子供たちはそうですよね(^^)

でもバレエの中に出てきた怖いねずみは好きになれません。

初めて観たバレエはとても印象。

素晴らしい踊りと、怖いねずみ。
そのギャップが心に残ったことでしょう。

災害のためのチャリティーで観に行ったことがきっかけで、それ以来バレエのファンになりました。

それまで災害が起きた時は募金や日用品の寄付などをしていました。

チャリティー公演というのは初めて。

こんなすてきなバレエ公演や音楽コンサートが行われ、その収益金が被災地に寄付されるなら
これはとっても良い助け合いだと思ったのです。

s-img243.jpg

「うさぎの恩がえし」は南魚沼図書館に1冊入っています


日記TB(0) | CM(0) | top↑
「クラシックバレエとの出会い」(前編)
私と莉子が初めてクラシックバレエを観たのは莉子が小学3年生の時でした。

その年に新潟の中越地区で豪雨が降り、大変な被害が起きたのです。

そのためのチャリティーのバレエ公演が開かれたのです。

演目は『くるみ割り人形』。

図書館から本を借りて読んでみました。
ちょっと複雑なお話し。。。

クリスマスの夜に7つの首を持った怖いねずみと、ねずみの女王様にひどい姿にされたお兄さんが戦う物語です。
戦いに勝ったお兄さんは元の姿に戻り、すてきな女の子と結婚しお菓子の国でお祝いをしてもらうのです。

続く

s-img243.jpg

※「うさぎの恩がえし」は南魚沼市の全小学校全中学校に1冊あります

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「うさぎは見ていた」(後編)
うさぎ小屋の前で作業内容が説明され、うさぎたちの見える場所でも作業をしていた人は何人もいました。

うさちゃんはそんな姿を見ていたから、莉子にそう言っておけば?と言ってくれたのかな。

「見る人は見ている」とよく言われるけれど、動物はもっとよく見ているのかな。



うさちゃん・・・長田さん、今日は大変でしたね。
2倍のボランティア活動でしたね。
疲れたでしょう。
それを知る人は誰もいないけど、私たち7羽はちゃんと知っています。
「見る7羽のうさぎは見ている」

私の心は五月晴れ!!!

おわり

s-img242.jpg
あにまるガードには東日本大震災で被災した犬や猫がまだいるそう。誰かもらってくれるといいけど。

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「うさぎは見ていた」(中編)
クラスメート・・・莉子ちゃんのお母さんは授業参観に来ないの?

莉子・・・ママね、午前中ボランティア活動してたから疲れて帰ったみたい。

クラスメート・・・へえ~...。



〈うさぎちゃんは見ていてくれた〉

今日、ボランティア活動をがんばってくれたお父さんお母さんがいました。
小雨の中大変だったでしょう。
莉子さんのお母さんはその前に私たちのお世話もきちんとしてくれました。
授業参観も大切だけどボランティア活動も大切です。

※次回へ続く

s-img242.jpg

『うさぎの恩がえし』は図書館以外にもあります。
①動物愛護センター(長岡市関原)
②東京電力エネルギーホール(柏崎駅前)
③あにまるガード(新潟市)

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |Next
プロフィール

長田さち恵

Author:長田さち恵
子どもとのエピソードや、日常の出来事に目を向け、心が動いたままに文章にすることが好きです。
周囲の人は"空想"と言いますが、私にははっきり見え、聞こえるんです。そんな体験を皆さんにお伝え出来ればと思っています。

mailto:
usagino.ongaeshi@gmail.com

最新コメント
最新トラックバック
アクセスカウンター