| Home |Next

この度、本を出版しました。

『うさぎの恩がえし』というお話です。

このお話は子どもと私の体験談です。
ちょっと不思議なうさぎの恩がえしのお話です。

7羽のうさぎが私の命を助けてくれました。
そして長岡から東北へボランティア活動にでかけてくれました。

家族みんなに読んでもらいたい一冊です。

このブログでは、本に書かれていない裏話やエピソードを綴っていきます。
本とともに楽しんでいただければ嬉しいです。

ネットでのご注文はこちら

「読書のきっかけ」
子供たちが本を読むきっかけは、

1番・・・友達が勧めてくれた(小中学生ともに40%)

2番・・・学校の先生が勧めてくれた(小学生18%、中学生5%)


たしかに友達が「おもしろかった」というと読みたい気持ちになりましたね。

一方、今の小学校の先生はとても多忙。
5,6年生から英語を教えています。

2019年頃より、3,4年生も対象となるそうで
先生はその準備に追われているようです。

単語や文法を教えるのではなく、小さければ小さいほどに楽しい教え方・なじめる教え方が必要。

楽しいゲーム、歌、英語の本の朗読etc
こんなに多忙では子供たちに本を紹介する時間など no time!!

※読み聞かせのお母さん方、先生方に代わってがんばって!!

s-P1130871.jpg

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「負けました・・・。」(後編)
私・・・ディズニーランドに電話してディズニーランドのお姉さんが「3才だとまだ乗れない乗り物もあるから、もう少し大きくなってからのほうがいいかな。」と言ったら4才になってからにしようね。

莉子・・・ディズニーランドのお姉さんが「花火とパレードだけでもいいから見に来てね。」って言ったら連れて行ってね!!

私・・・「・・・・・・。」(負けた・・・。)



昼のパレード大喜び!!
花火は強風のため中止。

負けてしまったけれど、すさまじく喜ぶ姿を見ると、連れて行って良かったと思いました。

かくして、それ以来ディズニーランドにハマりました。



そんな彼女もディズニーランドは小学校卒業とともに卒業し、
次はユニバーサルスタジオジャパンへ興味が移ったみたい(笑)

20171113.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「負けました・・・」(前編)
東京ディズニーランドはとっても楽しいですね。

私が莉子を初めて連れて行ったのは彼女が3才9カ月の時でした。

3才半の頃、花火やパレードの写真が載っているパンフレットを見せました。
大喜び!!
でも私は長岡からでは遠いからもう少し大きくなってからでいいやと思い、ある事を言ったのです。
上手に説得したつもり。

しかし、3才半の莉子にすさまじいエネルギーで切り付けられ負けたのです。

まさにキラキラと光る鋭い日本刀で「えい!」と言わんばかり。

同僚の女性に話したら「それはもう連れて行くしかない!」と。

くやしかった・・・。

※次回へ続く

20171106.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
「家読」(うちどく)
今、家族で一冊の本を読み、楽しさを分かち合う「家読」が各地で広がっているそうです。

私は初めてこの言葉を知りました。

面白かった場面の感想を話し合ったり、本の中の会話をまねしたりして家族で楽しむみたい。

『うさぎの恩がえし』はまさに家読にぴったりだと思います。

出版にあたって、子どもから大人まで幅広い年齢層に向いているという事でした。

私は子どもとお母さんと、そしておばあさんにも読んでもらえたらいいなと、いつも思っています。

昔、テレビで「日本昔話し」という番組があり、みんなで観ました。

そんな感じの本です。

うすい本だけど逆に読みやすい。

子供たちが学校や図書館で借りて「家読」してくれたらいいな!

s-P1130871.jpg

※家読に力を入れている佐賀県伊万里市立図書館に1冊入れてもらいました。

うさぎの恩がえしTB(0) | CM(0) | top↑
「けなげな組」(後編)
〈4色のボールペン〉
私がOLだった頃、取引先の会社の方が文房具を持って来てくれました。

その中に4色のボールペンも多数。

黒・青・赤・緑。

会社の決まりとしては黒色で統一。

でも私は電話の伝言はメモ用紙に青色で書いていた。

赤色もかろうじて使う仕事があった。

でも緑色だけは使うところがない!
どこに使えばいいの?

いつも使われることのない緑色・・・。


今、私はOL時代の4色ボールペンを使っている。
原稿の下書きに緑色を使っている。

いつも使われない緑色。
けなげすぎる・・・。

(おわり)

s-img233.jpg

日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |Next